スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    SADS / LESSON2

    メタル方面にシフトした、新生サッズの傑作ミニアルバム
    SADS - LESSON2


    sads

    Tracklist:
    01. WASTED
    02. ANDROGYNY INSANITY
    03. DISCO -album mix-
    04. SILLY
    05. WHITE HELL
    06. RESCUE
    07. GRAVE
    08. AMARYLLIS

    ジャケットのセンス ☆☆☆☆☆
    アルバムの統一感 ☆☆☆☆☆
    楽曲の魅力 ☆☆☆☆☆


    総合評価……☆☆☆☆[名盤](ミニアルバムな為)


    リアルが忙しかったために、かなり久々のレビューになってしまいました。
    今回取り上げるのは邦楽ロック界のカリスマ清春率いるメタルバンド、サッズのミニアルバムです。
    このバンドは初期はパンクロック畑の音を鳴らしており、独特な清春のボーカルもあり、メタラーからすると遠い存在だったかもしれません。
    ですが、前作『THE 7 DEADLY SINS』でメンバーをガラリと変え、ヘヴィメタルに方向転換!
    ヘヴィでかつ聞きやすい、メタルコアサウンドに生まれ変わったのです。

    01. WASTEDは一曲目からヘヴィなリフと共に疾走。清春の声も吐き捨てるようなスタイルになっており、聞きやすいのではないでしょうか。3rdを思わせますが、演奏陣は本格的なメタルサウンドをかき鳴らしています。
    02. ANDROGYNY INSANITYは粘りつくようにヘヴィでスローテンポな曲。中盤激しくなるところから格好良くなり、ギターソロも聞けます。
    03. DISCO -album mix-はシングル曲。ミドルテンポでメロディアスな楽曲です。縦ノリの曲ですが題名から想像されるような感じはなく、ヘヴィさが際立っています。
    04. SILLYはヘヴィなリフと囁くようなボーカルが目立つ曲。
    05. WHITE HELLはハードロック風な曲で、ヘヴィに進むのは他の楽曲と同じですがメロディが良く、ギターソロが凄く格好いいです。
    06. RESCUEは囁くような清春のボーカルが聞ける曲で、昔のSADSの名残がそこはかとなく感じられます。
    07. GRAVEは激しいバックの演奏と艶かしいボーカルが共存した曲です。どことなく浮遊感があり、展開が凝っています。
    08. AMARYLLISはヘヴィな疾走曲。メロディアスでヘヴィという、新生SADSの特徴を体現したかのような曲です。

    忘却の空など、パンクロックバンドとしての立ち位置が有名だったSADSですが、演奏陣が一変して、ヘヴィメタルバンドとなりました。
    前作ではまだ練りきれていませんでしたが、今作はヘヴィさと清春のボーカルがマッチして、かなりの出来になっています。
    どんなバンドに変わったのか、聞いてみるのも良いのではないでしょうか。


    3rdを思い出すような、ヘヴィで格好良い疾走曲です。

    このCDをAmazonで買う
    スポンサーサイト

    鬼子母神、買いました!!

    リアルが忙しすぎて、更新できないでいました、申し訳ありません。
    ですが、これだけは書いておこないと駄目だと思ったのでこの記事を書きます。

    注文していた陰陽座の鬼子母神が届きました!

    kishi
    (画像が荒くてすいません)

    今は充実した感想を書ける余裕がないため、またあとでレビュー記事を書きます。
    ですが、一聴した印象では、かなりの超名盤です。
    戯曲『絶界の鬼子母神』を読んでいたということもあり、ここがこの場面だという情景が色鮮やかに浮かんできます。
    読んでいなくても、歌詞は上手くできているため、ストーリーは何となくでも理解できるかもしれませんが、

    戯曲を読んでから聴いた方が絶対いいですよ!間違いないですよ!

    もう、あの曲でのテンポが上がるところとか、あの曲の歌詞とか、ああもう、読んでから聞いてください!勿体なさすぎますよ!
    戯曲は少し高いですけど、120%楽しむためには買ってから聞いてください。陰陽座HPで買うと2000円超えますが、Amazonで買うと1200円+送料とかで済みますよ。

    また、台詞は殆どなく、大事なところにだけ絶妙に入ってきます。組曲義経の台詞祭りに少し辟易していた私としては嬉しい誤算です。
    また、音がヘヴィになっており、サポートドラマーの土橋さんも陰陽座の世界にどっぷり浸かり込んでいます。
    疾走曲は少ないですが、完成度、統一性、楽曲のメリハリなど全てが素晴らしいです。

    全曲レビューはまた後日に書きますが、聴きこめば聴きこむほどその世界が分かるアルバムかと。
    もっと聴きこみつつ、レビューをアップしたいと思います。

    戯曲『絶界の鬼子母神』をAmazonで買う

    このCDをAmazonで買う

    Lacrimosa / Stille

    シンフォニックで哀愁漂う、ナルシスティック・ゴシックメタルの名作
    Lacrimosa - Stille


    stille

    Tracklist:
    1. Der Erste Tag
    2. Not Every Pain Hurts
    3. Siehst Du Mich Im Licht?
    4. Deine Nahe
    5. Stolzes Herz
    6. Mein Zweites Herz
    7. Make It End
    8. Die Strasse Der Zeit

    ジャケットのセンス ☆☆☆☆☆
    アルバムの統一感 ☆☆☆☆☆
    楽曲の魅力 ☆☆☆☆☆


    総合評価……☆☆☆☆☆[神盤]


    今回取り上げるのはスイスのゴシックメタルバンド、ラクリモーサの5thアルバムです。
    このバンドはシアトリカルなゴシックメタルで、オーケストラを大幅投入したロックオペラアルバムを出したりしています。
    そして何よりもティロのボーカルが有名ですね。上手いボーカルではないのですが、完全に自分の世界に入り込んでいるために独特な曲世界にはまっています。

    ラクリモーサはエロディアやファサードなどが有名ですが、ジャケットの美しさからこれをレビューをすることにしました。
    誰もいない舞台を見つめる道化。邦題は『寂寞』です。
    ゴシック要素が強い他のアルバムと違い、メタル要素が多く取り入れられているアルバムです。

    1. Der Erste Tagは10分の大作。悲しみ溢れる弦楽器、女性コーラスがゆったりとメロディを紡ぎます。そして、途中でコーラスとシンフォニックな音と共に疾走!途中からヘヴィなギターも加わり、そこから一転して悲しいピアノ。展開が凝っており、一曲目から引きこまれます。
    2. Not Every Pain Hurtsはエレファントマンのサントラみたいなサーカスのようなメロディの楽曲です。哀愁ただよう女性ボーカルのバックでどこか哀しげな、寂しいサーカスのメロディ。泣きに溢れている楽曲です。
    3. Siehst Du Mich Im Licht?はティロの独特なボーカルが目立つヘヴィな楽曲。『光の中で私が見える?』という邦題が素敵ですね。最初はメタルのサウンドですが曲が進むにつれてシンフォニックさが加わっていき、激しさと悲しさが両立しています。
    4. Deine Naheは再び10分以上ある大曲です。アコースティックギターとピアノの泣きが印象的ですが、バンドサウンドが目立つ所、疾走感が増すところなどもあり、曲展開がとてもドラマチックです。
    5. Stolzes Herzはピアノとフルートの静かなバラード……かと思ったらギターが加わりテンポアップ。泣きとヘヴィさが交互に現れながら進んでいきます。途中の浮遊感溢れる音からヘヴィに変わる所が格好いいです。
    6. Mein Zweites Herzは再びサーカス的な楽曲。オーケストラが大々的に取り入れられかなり壮大です。このアルバムで最もシアトリカルな曲で、まるでミュージカルやオペラのようなメロディが奏でられます。
    7. Make It Endはヘヴィさとシンフォニックさが融合した楽曲。女性ボーカルが熱烈に歌い上げ、途中シンフォニックさを混じえて疾走します。バックは美しいのですが、どこか狂気をはらんでいます。
    8. Die Strasse Der Zeitは14分になる大曲。全体に渡ってコーラスとオーケストラが強く主張しています。シンフォニックでドラマチックな、かといってヘヴィさは失わない、哀愁と泣きが存分に発揮された大曲です。

    独特なボーカルに拒否反応を起こす人もいるかもしれませんが、ゴシックメタルとしてかなりの出来のアルバムです。
    オーケストレーションの裏に激しく疾走するところ、ヘヴィになるところなどが含まれており、静と動の対比がより際立っているといった印象です。
    エロディアやファサードのようなゴシック・ロックオペラよりもメロパワ色が強いため、他の作品とは違った良さがあります。


    サーカスのような、シアトリカルでドラマチックな楽曲です。

    このCDをAmazonで買う

    Crossfaith / The Dream The Space

    電子音とデス・ヴォイスが高度に融合したエレクトロ・メタルコア
    Crossfaith - The Dream The Space


    cross

    Tracklist:
    01. Technologia
    02. Chaos Attractor
    03. Stars Faded In Slow Motion
    04. Promise
    05. The Dream The Space
    06. Snake Code (Caribbean Death Roulette)
    07. Demise And Kiss
    08. Panorama (Interlude)
    09. Crystal Echoes Back To Our Tragedy
    10. Nostalgia

    ジャケットのセンス ☆☆☆☆
    アルバムの統一感 ☆☆☆☆
    楽曲の魅力 ☆☆☆☆


    総合評価……☆☆☆☆[名盤]



    今回取り上げるのは日本産のメタルコアバンド、クロスフェイスの2ndアルバムです。
    このバンドはエレクトロなシンセサイザーをバックにデスヴォイスで疾走するメタルコアバンドで、それらがドラマチックに融合し、叙情的なメロディーが奏でられます。

    01. Technologiaは二十秒程度の電子音のインストで、次の曲に繋がります。
    02. Chaos Attractorはサイバーチックなイントロで始まり、デス声で疾走。途中でヘヴィになる部分もあり、ドラマチックな展開を見せます。バックのシンセサイザーがメロディアスです。
    03. Stars Faded In Slow Motionは前の曲からの繋がりが素晴らしいです。1-3曲目の繋がりでテンションが上がり、エレクトロなメロディで疾走。やはりシンセサイザーの音は美しいですし、後半でシンフォニックなシンセとツインギターの音色が重なるところは最高に格好良いです。
    04. Promiseはきらきらしたシンセと共にクリーンなギターの音色と疾走。展開がとてもドラマチックです。
    05. The Dream The Spaceはミドルテンポな楽曲。プログレ風な展開を見せます。
    06. Snake Code (Caribbean Death Roulette)はヘヴィなリフの疾走曲。リフがよく練られています。途中からエレクトロ色が強くなり、再び疾走。
    07. Demise And Kissはアグレッシヴでメロディアスな曲です。エレクトロとメタルコアがドラマチックに融合されており、その2つがお互いを引き立てあっています。
    08. Panorama (Interlude)は一分程度のインストで、きらきらと美しいインストです。どこか哀愁を感じさせ、次の曲に繋がります。
    09. Crystal Echoes Back To Our Tragedyはどこか希望をもたせる明るめな疾走曲。メロディアスなシンセが光っています。
    10. Nostalgiaはエレクトロなインスト曲。ピコピコした浮遊感を持たせて終わります。

    エレクトロとメタルコアの融合というあまり見ないバンドですが、リフがよく練られており、メロディアス方面に媚びていないのが好印象です。
    また、展開がとても美しく、浮遊感あるシンセとデスヴォイスが静と動を鮮やかに表現しています。
    ドラマチックで激しいメタルが好きな方、シンセに抵抗がない方にお勧めのアルバムです。


    ドラマチックでメロディアスなエレクトロ・メタルコアです。

    このCDをAmazonで買う

    実験台モルモット / 箱庭の音樂会

    レトロなメロディと高い演奏力が魅力的な切ナ色歌謡ロックバンド
    実験台モルモット - 箱庭の音樂会


    jikendai.jpg

    Tracklist:
    01. 100万回死んだぼく
    02. 廻轉木馬
    03. 幸せの電車~piano jazz ver
    04. ピカピカのバッジ
    05. 剥片
    06. 見世物小屋の御唄
    07. ヒポコンデリー
    08. 半分個カーディオイド~album ver.
    09. くすり屋さん
    10. 中野ノ街ニ雨ガ降ル

    ジャケットのセンス ☆☆☆☆
    アルバムの統一感 ☆☆☆
    楽曲の魅力 ☆☆☆☆☆


    総合評価……☆☆☆☆[名盤]


    多分マイナーであまり知られていないバンドだと思います。
    今回取り上げるのは切ナ色歌謡ロックバンド、実験台モルモットの1stフルアルバム、箱庭の音楽会です。
    レトロなメロディ、高い演奏力、そして暗くも共感を覚える歌詞が売りのロックバンドです。
    メンバーの中にバイオリン・キーボーディストがおり、レトロな音楽に美しい彩りを加えています。
    ジャケットはどうやらボーカルの方が書いているみたいですが、独特の世界観が伝わってきますね。

    01. 100万回死んだぼくはシャッフル風の曲調とレトロなメロディが素敵です。アップテンポで、かつ歌詞はたいへん共感できるもので、多分メリーとかを聞いている人は好きなんじゃないかと思います。
    02. 廻轉木馬はもろ歌謡曲。こういう曲は好きなんでたまんないです。
    03. 幸せの電車~piano jazz verはヴァイオリン、ピアノが光るジャジーな曲。昭和歌謡風のメロディが素敵です。
    05. 剥片はアップテンポでプログレ風な曲。ピアノ、バイオリンが入り乱れ、高い演奏力が伺えます。
    07. ヒポコンデリーは哀愁が漂う壮大なバラード。
    08. 半分個カーディオイド~album ver.も歌謡曲。間奏の演奏力が素晴らしい。
    10. 中野ノ街ニ雨ガ降ルは圧倒的泣きメロのバラード。途中でジャジーでアップテンポになりながらも、しっとりと幕を閉じます。

    楽曲は大変素晴らしいのですが、バラードがほとんどなので少し飽きてしまいます。
    アップテンポな曲がもっと多ければ、アルバムにメリハリがついて良かったのではないでしょうか。
    しかし、歌詞は大変共感できますし、メロディも昭和歌謡のような香りがしてとてもいいです。
    メリーやジムノペディなどが好きな方は気に入るんじゃないでしょうか。


    曲がYoutubeになかったんでライブ映像を。音は悪いですが、ヴァイオリンが鳴り響く歌謡ロックです。

    このCDをAmazonで買う
    プロフィール

    ふきのとう

    Author:ふきのとう
    現役大学生。小学校の頃、親のCDによってヘヴィメタルに目覚める。それから幅広く音楽を聞くようになり、今は何でも聞く雑食。趣味はジャケ買い。コンセプトアルバム大好き。

    レビューした音源リストはここです。また、このサイトの音源レビューは、次のように行なっています。

    [評価基準]
    ジャケットのセンス
    アルバムの統一感
    楽曲の魅力

    [総合評価]
    ☆[駄盤]
    ☆☆[惜盤]
    ☆☆☆[良盤]
    ☆☆☆☆[名盤]
    ☆☆☆☆☆[神盤]

    また、このページはリンクフリーとなっています。同時に相互リンクも募集しているので、希望の方はコメントをお願いします。

    フリーエリア
    管理人はツイッターを使っています。よろしければ、フォローをお願いします。 また、ブログランキングに参加中です。 管理人のやる気が上がるので、クリックしてくださると助かります。 twittericon

    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    検索フォーム
    人気ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ
    リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。