スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Dark Lunacy / The Diarist

    レニングラード包囲戦をテーマにした慟哭メロデスコンセプトアルバム
    Dark Lunacy - The Diarist


    darklunaluna

    Tracklist:
    01. Aurora
    02. Play Dead
    03. Pulkovo Meridian
    04. The Diarist
    05. Snowdrifts
    06. Now Is Forever
    07. On Memory White Sleigh
    08. Heart Of Leningrad
    09. Prospekt
    10. Motherland
    11. The Farewell Song

    ジャケットのセンス ☆☆☆☆☆
    アルバムの統一感 ☆☆☆☆☆
    楽曲の魅力 ☆☆☆☆☆

    総合評価……☆☆☆☆☆[神盤]


    イタリアのメロデスバンド、ダーク・ルナシーの3rdアルバムです。
    このアルバムはコンセプトアルバムで、レニングラード包囲戦をテーマにした作品です。

    このバンドは管弦楽を大幅に取り入れ、泣きどころか号泣のメロディをバックにデスヴォイスを叫びまくるという素晴らしいバンドです。
    ですが、このアルバムでは何を考えたのか、持ち味だった生弦を完全撤去!
    オーケストレーションを打ち込みでの味付け程度に抑え、後はバンドの演奏のみという作風になっています。

    しかし生弦が無くなったからといってつまらなくなるということはありません。
    逆に曲としての魅力・アルバムのトータリティはこれまでと一線を画し、
    メロデス界でトップクラスに完成度が高いアルバムが完成したのです。

    01. Auroraはロシア民謡を歌うコーラスと共にざくざくとしたリフが入り、メロデス風味に叫びます。途中入るヴォルガの舟歌で曲の哀愁が増し、一曲目からアルバムに引きこまれます。
    02. Play Deadは兵隊から身を隠す為に死体を装う曲。足音のSEが入り、緊張感を煽ります。
    03. Pulkovo Meridianは一番昔のダーク・ルナシーっぽい曲かもしれません。オーケストレーションが随所に入り、曲の緩急がしっかりとつけられています。
    04. The Diaristはインスト。タイプライターを打つ音、赤ん坊の泣き声をバックに悲壮なピアノ曲が流れます。
    05. Snowdriftsは切ない女性ボーカルが入った哀愁メロデス。多分前作と同じボーカルでしょうか、メロディがとても美しいです。
    06. Now Is Foreverはリフが格好良い曲です。シンプルな作りですが、それだけに出来の良さが目立ちます。
    07. On Memory White Sleighはロシア語の曲。歌詞は聞き取れませんが、曲の良さは伝わってきます。
    08. Heart Of Leningradはキラーチューン。メロディアスでありながら独特なリフが印象的です。途中で心臓の鼓動と共にスローになり、その静寂を打ち破るかのようにボーカルが悲痛を叫ぶ。最高の一曲です。
    09. Prospektは次の曲に繋がるインスト。
    10. Motherlandでは軍歌からリフに繋がり疾走。元から良い曲ですが、全曲から繋がることで最高に格好いいです。
    11. The Farewell Songは最後の曲。ピアノで始まり、ボーカルと共に勢いを増し、哀愁とオーケストレーションをバックに悲壮感を漂わせて終わります。

    管弦楽を取り除いたことで、逆に曲の良さが伝わりやすくなったような気がします。
    数あるメロデスのアルバムの中で、これほどクオリティの高いアルバムは珍しいのではないでしょうか。
    文句なしの神盤。お勧めです。


    圧倒的泣きのメロディが味わえます。

    このCDをAmazonで買う
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Author:ふきのとう
    現役大学生。小学校の頃、親のCDによってヘヴィメタルに目覚める。それから幅広く音楽を聞くようになり、今は何でも聞く雑食。趣味はジャケ買い。コンセプトアルバム大好き。

    レビューした音源リストはここです。また、このサイトの音源レビューは、次のように行なっています。

    [評価基準]
    ジャケットのセンス
    アルバムの統一感
    楽曲の魅力

    [総合評価]
    ☆[駄盤]
    ☆☆[惜盤]
    ☆☆☆[良盤]
    ☆☆☆☆[名盤]
    ☆☆☆☆☆[神盤]

    また、このページはリンクフリーとなっています。同時に相互リンクも募集しているので、希望の方はコメントをお願いします。

    フリーエリア
    管理人はツイッターを使っています。よろしければ、フォローをお願いします。 また、ブログランキングに参加中です。 管理人のやる気が上がるので、クリックしてくださると助かります。 twittericon

    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    検索フォーム
    人気ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ
    リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。