スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Angra / Temple Of Shadows

    テンプル騎士団を題材とした重厚なコンセプトアルバム
    Angra - Temple Of Shadows


    angra-temple-of-shadows
    Tracklist:
    01. Deus Le Volt
    02. Spread Your Fire
    03. Angels And Demons
    04. Waiting Silence
    05. Wishing Well
    06. The Temple Of Hate
    07. The Shadow Hunter
    08. No Pain For The Dead
    09. Winds Of Destination
    10. Sprouts Of Time
    11. Morning Star
    12. Late Redemption
    13. Gate XIII

    ジャケットのセンス ☆☆☆☆☆
    アルバムの統一感 ☆☆☆☆☆
    楽曲の魅力 ☆☆☆☆☆


    総合評価……☆☆☆☆☆[神盤]


    最初の音源レビューはアングラのこのアルバムです。
    超有名なアルバムですが、私が今までで一番聞き直したアルバムです。

    ヘヴィメタルのコンセプトアルバムといえばQueensRyche『Operation:Mindcrime』やDream Theater『Metropolis Part 2: Scenes from a Memory』などが浮かぶかもしれませんが、私としてはそれらのアルバムよりもこのアルバムの方が完成度は上だと思っています。

    まず見てくださいこのジャケット。宗教画のような美しさ。そのまま教会に飾っていてもおかしくありません。
    このジャケットの通り、宗教をテーマにしたコンセプトアルバムで、アルバム一枚でストーリーを表現しています。パルプ・フィクションのように時系列がバラバラになっていて、全てを通して聞くと理解できるような作りになっています。そして最後の曲で今までの楽曲がメドレーでオーケストラアレンジされており、長編映画を観たような気分で終わる、まさにシアトリカルなアルバムと言えるのでしょう。

    また、楽曲も素晴らしい。
    まず02.Spread Your Fireで疾走大好きなメタラーの心臓を鷲掴みにします。
    03. Angels And Demons04. Waiting Silenceはアングラの楽器陣のテクニックが光る、プログレ風の曲。メロディも良く、複雑さを感じさせません。
    05. Wishing Wellはメロディセンスが美しいバラード。そしてこの曲から激しいスピードチューン06. The Temple Of Hateに続きます。
    07. The Shadow Hunterは8分近くの大作で、このアルバムの主人公が曲の名前になっています。民族調のギターからドラマチックに曲が展開していき、段々曲が盛り上がっていくにつれ主人公の葛藤、迷いが表現されています。
    そして08. No Pain For The Deadは号泣できるバラード。途中入る女性ボーカルが美しい。
    09. Winds Of Destinationも疾走曲。途中でテンポダウンしますが、再び疾走する時の勢いがたまりません。
    10. Sprouts Of Timeは私がこのアルバムで一番好きな曲。バラードですがメッセージ性が強く、民族調でありながら壮大で、情景の広がりを感じさせます。未来は今の我々の行動であり、明日の収穫を今日植えるものだ、凄く素敵な歌詞です。
    11. Morning Starは新たな始まりを感じさせる曲。アルバムの終わりにこの時系列の曲が来るのはずるい。
    12. Late Redemptionは救いのないバラード。ゲストのラテン語のボーカルが悲壮感を漂わせます。そして、
    13. Gate XIIIという今までの曲がメドレーで流れ、このアルバムは幕を閉じます。

    聞くたびに新しい発見があり、ストーリーも練り上げられている、完成度が高いアルバムです。
    メタラーならマストアイテムですし、メタラーじゃなくとも一聴の価値はあります。
    和訳歌詞と共に、通して聞きましょう。


    一曲目のインストから二曲目まで。こういう曲ばっかりではありませんが、引き込まれるのは確かですね。

    このCDをAmazonで買う
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ふきのとう

    Author:ふきのとう
    現役大学生。小学校の頃、親のCDによってヘヴィメタルに目覚める。それから幅広く音楽を聞くようになり、今は何でも聞く雑食。趣味はジャケ買い。コンセプトアルバム大好き。

    レビューした音源リストはここです。また、このサイトの音源レビューは、次のように行なっています。

    [評価基準]
    ジャケットのセンス
    アルバムの統一感
    楽曲の魅力

    [総合評価]
    ☆[駄盤]
    ☆☆[惜盤]
    ☆☆☆[良盤]
    ☆☆☆☆[名盤]
    ☆☆☆☆☆[神盤]

    また、このページはリンクフリーとなっています。同時に相互リンクも募集しているので、希望の方はコメントをお願いします。

    フリーエリア
    管理人はツイッターを使っています。よろしければ、フォローをお願いします。 また、ブログランキングに参加中です。 管理人のやる気が上がるので、クリックしてくださると助かります。 twittericon

    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    検索フォーム
    人気ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ
    リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。