スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Rainbow / Long Live Rock'n'roll

    これぞロックンロール!元祖ハードロックの大家、レインボーの最高傑作
    Rainbow - Long Live Rock'n'roll


    rainbow

    Tracklist:
    01. Long Live Rock 'N' Roll
    02. Lady Of The Lake
    03. L.A. Connection
    04. Gates Of Babylon
    05. Kill The King
    06. The Shed (Subtle)
    07. Sensitive To Light
    08. Rainbow Eyes

    ジャケットのセンス ☆☆☆☆
    アルバムの統一感 ☆☆☆☆☆
    楽曲の魅力 ☆☆☆☆☆


    総合評価……☆☆☆☆☆[神盤]


    言わずもがな、有名すぎるギタリスト・リッチー・ブラックモア率いる伝説のハードロックバンド、レインボーの3rdアルバムです。

    01. Long Live Rock 'N' Rollは一曲目からタイトルトラック。これぞロックンロール、縦ノリの演奏でノリが良く、途中入るキーボードソロがイカしてます。
    02. Lady Of The Lakeはポップで哀愁漂うロックンロール。ロニーのシャウトが哀愁を誘います。
    03. L.A. Connectionは厚めのリフとねちっこいボーカルが印象的な曲。
    04. Gates Of Babylonは中世風の異国情緒溢れる曲。怪しげなリフ、泣きのギターソロにリッチー・ブラックモアの才能が詰め込まれています。
    05. Kill The Kingはイントロからハードロック・ヘヴィメタルとはかくあるべきといった疾走曲。全メタラー、ロックファン必聴。ボーカルも演奏もギターソロも全てがかっこ良すぎます。
    06. The Shed (Subtle)は初期のレッド・ツェッペリンのような渋いロック。前曲に埋もれそうですが、出来はいいです。
    07. Sensitive To Lightはポップなロックンロール。楽しげなリフがたまりません。
    08. Rainbow Eyesはアルバムを締めくくる泣きのバラードです。これまでの激しい曲とは毛色が違い、ロニーの哀愁溢れるボーカルを彩るフルートやストリングスが涙を誘います。

    レインボーはハードロックを聞く上では通らなくてはならないバンドです。
    このアルバムには01. Long Live Rock 'N' Roll、04. Gates Of Babylon、05. Kill The Kingといった三曲のキラーチューンが入っており、アルバムとしての統一感もピカイチです。
    このアルバムからレインボーを聞き始めるのが良いのではないでしょうか。


    全メタラー・ロックファン必聴。名曲中の名曲とはこれのこと。

    このCDをAmazonで買う
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Author:ふきのとう
    現役大学生。小学校の頃、親のCDによってヘヴィメタルに目覚める。それから幅広く音楽を聞くようになり、今は何でも聞く雑食。趣味はジャケ買い。コンセプトアルバム大好き。

    レビューした音源リストはここです。また、このサイトの音源レビューは、次のように行なっています。

    [評価基準]
    ジャケットのセンス
    アルバムの統一感
    楽曲の魅力

    [総合評価]
    ☆[駄盤]
    ☆☆[惜盤]
    ☆☆☆[良盤]
    ☆☆☆☆[名盤]
    ☆☆☆☆☆[神盤]

    また、このページはリンクフリーとなっています。同時に相互リンクも募集しているので、希望の方はコメントをお願いします。

    フリーエリア
    管理人はツイッターを使っています。よろしければ、フォローをお願いします。 また、ブログランキングに参加中です。 管理人のやる気が上がるので、クリックしてくださると助かります。 twittericon

    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    検索フォーム
    人気ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ
    リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。