スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Locanda Delle Fate / Forse Le Lucciole Non Si

    幽体離脱しそうなほど美しく幻想的なシンフォニック・プログレッシヴ・ロック
    Locanda Delle Fate - Forse Le Lucciole Non Si


    locanda

    Tracklist:
    01.A volte un istante di quiete
    02.Forse le lucciole non si amano piu
    03.Profumo di colla bianca
    04.Cercando un nuovo confine
    05.Sogno di Estunno
    06.Non chiudere a chiave le stelle
    07.Vendesi saggezza

    ジャケットのセンス ☆☆☆☆
    アルバムの統一感 ☆☆☆☆☆
    楽曲の魅力 ☆☆☆☆☆


    総合評価……☆☆☆☆☆[神盤]


    イタリアのプログレッシヴ・ロックバンド、ロカンダ・デッレ・ファーテの1stアルバム、邦題『妖精』です。

    突然ですが、私はイタリアのプログレバンドが大好きです。
    それは叙情的で美しく、かつ情熱的な音が聞けるからで、イタリアンプログレに外れは殆どありません。
    このアルバムもそんなバンドの一つであり、フルート、ピアノで幻想的な音を奏でる、ユーロロックの傑作といえる内容です。

    01.A volte un istante di quieteは美しいピアノ、フルートが光る6分程度のインスト。邦題『ひとときの静寂』。展開が美しく、優美なメロディが素敵です。
    02.Forse le lucciole non si amano piuは10分ほどある曲。『蛍が消える時』という邦題で、ピアノと穏やかなイタリア語ボーカルのきらきらとした曲で、途中イタリアンロックらしく情熱的になりつつ、美しさは失いません。
    03.Profumo di colla biancaは邦題が『白色の香』。のどかな広がりを感じさせる曲で、フルートと彩りのピアノで穏やかな光景が思い浮かびます。
    04.Cercando un nuovo confineはギターとフルートのバラードで、途中でピアノが加わって叙情的なメロディを描きます。邦題『新しい世界を求めて』。
    05.Sogno di Estunnoはプログレ的な楽曲。フルート、ピアノ、メロディアスなギターによって曲展開がドラマチックに変わっていきます。邦題は『憧れ』
    06.Non chiudere a chiave le stelleは邦題が『星に鍵をかけないで』(素敵な邦題です)。アコースティックによる穏やかなバラードです。
    07.Vendesi saggezzaは悲しげなピアノときらきらとしたギター、そして哀愁溢れる歌唱の楽曲です。曲が盛り上がるにつれ壮大さを増し、最後まで美しくアルバムは終わります。

    このバンドやニュートロルスのように、イタリアンロックはシンフォニックさとロックが美しく融合されたものが多いのですが、このアルバムはそんなイタリアンプログレの中で、名盤中の名盤です。
    最初から最後まで美しく、ピアノやフルートが叙情性を煽る、煽る、煽る!聞いている間、幽体離脱しそうなほど幻想的なアルバムです。
    美しいユーロロックが聞きたいならば迷わず買っておけといった感じです。

    余談ですが、日本盤は今中古の高いCDしか手に入らないために、邦題から歌詞を妄想するしかありません。
    ですので、私はリマスターされた日本盤が出ることを日々願っています。
    あと本当はムゼオ・ローゼンバッハやロヴェッショ・デッラ・メダーリャなんかも紹介したいんですが、
    それらも今は手に入らないんですよね……
    イタリアンロックの名盤達のリマスター込の再発を心から祈ります。


    邦題『蛍が消える時』。美しいピアノとプログレッシヴな展開。映像は全然関係ないです。

    このCDをAmazonで買う
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ふきのとう

    Author:ふきのとう
    現役大学生。小学校の頃、親のCDによってヘヴィメタルに目覚める。それから幅広く音楽を聞くようになり、今は何でも聞く雑食。趣味はジャケ買い。コンセプトアルバム大好き。

    レビューした音源リストはここです。また、このサイトの音源レビューは、次のように行なっています。

    [評価基準]
    ジャケットのセンス
    アルバムの統一感
    楽曲の魅力

    [総合評価]
    ☆[駄盤]
    ☆☆[惜盤]
    ☆☆☆[良盤]
    ☆☆☆☆[名盤]
    ☆☆☆☆☆[神盤]

    また、このページはリンクフリーとなっています。同時に相互リンクも募集しているので、希望の方はコメントをお願いします。

    フリーエリア
    管理人はツイッターを使っています。よろしければ、フォローをお願いします。 また、ブログランキングに参加中です。 管理人のやる気が上がるので、クリックしてくださると助かります。 twittericon

    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    検索フォーム
    人気ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ
    リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。