スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    名曲であるべきか、名盤であるべきか

    最近、Youtubeやipodなどで、好きな曲を好きな時に聞ける時代になりました。
    私の友人にもipodを持ってる人は多く、歩きながら、暇な時間に、音楽を簡単に聞いているようです。

    ですが、私は何だかそんな様子を見て疑問を覚えています。
    本当にそんな聞き方で満足できるのか、と。

    今の時代、CDショップに行ってまでCDを買うような人は、一体どれぐらいいるのでしょう。


    高いお金を払ってまでCDを買わずとも、ネットで落として手軽に何処でも聞けたほうが楽なのだと思います。

    CDが売れなくなったと嘆く業界人の声をよく聞きますが、それは時代の流れで仕方ないのでしょう。


    そのためCDを買う人は少なくなり、アルバム一枚を通して聞く人なんて、バンドのファンか音楽好きしかいなくなったのではないでしょうか。



    ですが、本来音楽は、大量消費されるものであるべきなのでしょうか?



    私はCDという媒体を愛していますし、聞くときはアルバムの最初から最後まで通して聞きます。

    それは、一曲だけで聞くよりも、他の曲の流れで通して聞いたほうが、何倍もいい曲に聞こえるからです。


    ビートルズのサージェント・ペパー・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドを一曲ずつ聞くより、流れで聞いた方がいいでしょう?
    ピンク・フロイドの狂気を一曲ずつ聞くより、通して聞いたほうがいいでしょう?

    どんな名曲でも、単曲での良さには限界があります。
    名盤の中で流れを通して聞くことによって、その魅力はずっと引き出されるのです。


    CDを買わない皆さん、Youtubeで満足してる皆さん、それだけで本当に充分ですか?

    その名曲を、アルバムの中の曲として、流れを通して聞いてみませんか?

    きっと、新しい発見がありますよ。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ふきのとう

    Author:ふきのとう
    現役大学生。小学校の頃、親のCDによってヘヴィメタルに目覚める。それから幅広く音楽を聞くようになり、今は何でも聞く雑食。趣味はジャケ買い。コンセプトアルバム大好き。

    レビューした音源リストはここです。また、このサイトの音源レビューは、次のように行なっています。

    [評価基準]
    ジャケットのセンス
    アルバムの統一感
    楽曲の魅力

    [総合評価]
    ☆[駄盤]
    ☆☆[惜盤]
    ☆☆☆[良盤]
    ☆☆☆☆[名盤]
    ☆☆☆☆☆[神盤]

    また、このページはリンクフリーとなっています。同時に相互リンクも募集しているので、希望の方はコメントをお願いします。

    フリーエリア
    管理人はツイッターを使っています。よろしければ、フォローをお願いします。 また、ブログランキングに参加中です。 管理人のやる気が上がるので、クリックしてくださると助かります。 twittericon

    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    検索フォーム
    人気ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ
    リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。