スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    The Birthday Massacre / Violet

    薄暗いゴシックの要素を含んだエレクトロ・ポップ
    The Birthday Massacre - Violet


    happy birthday

    Tracklist:
    01. Prologue
    02. Lovers End
    03. Happy Birthday
    04. Horror Show
    05. Violet
    06. Red
    07. Play Dead
    08. Blue
    09. Video Kid
    10. The Dream
    11. Black
    12. Holiday
    13. Nevermind

    ジャケットのセンス ☆☆☆☆
    アルバムの統一感 ☆☆☆☆☆ 
    楽曲の魅力 ☆☆☆☆


    総合評価……☆☆☆☆[名盤]


    これはジャケットに惹かれて買ったアルバムです。
    紫の背景、子供と兎の影絵、ホラーっぽいバンド名のロゴ、一体どんな音が飛び出してくるのでしょうか。

    ザ・バースデイ・マサカーというバンド。誕生日の虐殺という恐るべきタイトルのバンドですが、
    ゴシックの要素がありながら、浮遊感があるサイケデリックなシンセが混じり合い、奇妙な音世界が広がります。
    ヘヴィな中で不意の静寂があったり、ホラー映画のような雰囲気になったりと、一筋縄ではいきません。
    それでありながら、アルバムとしての統一性はピカイチです。

    03. Happy Birthdayは耳に残るリフと囁くようなボーカルが印象的な曲。えげつない歌詞ですが、ふわっとそのまま天国に昇ってしまいそうな曲です。
    05. Violetは明るいエレクトロ・ポップ。耳あたりが良いメロディでありながら、独特の空気を醸し出しています。
    08. Blueはホラーのようなイントロ、ダークな雰囲気の怖い曲です。途中入る美しい打ち込みの音からヘヴィになだれ込み、恐怖を煽ります。
    他にもいい曲はありますが、これらの曲が特に気に入りました。

    今までに聞いたことのない感じのバンドで、とても気に入りました。
    ダークで怪しい世界観なゴシックポップなこのバンド、一度聞いてみたら如何でしょうか。



    このCDをAmazonで買う
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Author:ふきのとう
    現役大学生。小学校の頃、親のCDによってヘヴィメタルに目覚める。それから幅広く音楽を聞くようになり、今は何でも聞く雑食。趣味はジャケ買い。コンセプトアルバム大好き。

    レビューした音源リストはここです。また、このサイトの音源レビューは、次のように行なっています。

    [評価基準]
    ジャケットのセンス
    アルバムの統一感
    楽曲の魅力

    [総合評価]
    ☆[駄盤]
    ☆☆[惜盤]
    ☆☆☆[良盤]
    ☆☆☆☆[名盤]
    ☆☆☆☆☆[神盤]

    また、このページはリンクフリーとなっています。同時に相互リンクも募集しているので、希望の方はコメントをお願いします。

    フリーエリア
    管理人はツイッターを使っています。よろしければ、フォローをお願いします。 また、ブログランキングに参加中です。 管理人のやる気が上がるので、クリックしてくださると助かります。 twittericon

    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    検索フォーム
    人気ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ
    リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。