スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    amazarashi / ワンルーム叙事詩

    透明感あるピアノと素晴らしい歌詞が魅力の邦楽ロック
    amazarashi - ワンルーム叙事詩


    oneroom

    Tracklist:
    01. 奇跡
    02. クリスマス
    03. ポルノ映画の看板の下で
    04. ポエジー
    05. ワンルーム叙事詩
    06. コンビニ傘
    07. 真っ白な世界

    ジャケットのセンス ☆☆☆☆
    アルバムの統一感 ☆☆☆☆☆
    楽曲の魅力 ☆☆☆☆☆


    総合評価……☆☆☆☆[名盤]


    突然ですが、私はCDを聞く時に歌詞も見ます。
    それは、アルバムの曲世界に入るためには歌詞を見るのが一番だからです。
    コンセプトアルバムなど、歌詞を見て理解できることも多々ありますし、メタルでも「殺せ!殺せ!王を殺せ!」みたいな曲もありますが、歌詞が凝っているバンドも沢山います。

    そんな中で取り上げたいのがAmazarashiというバンドです。
    このバンドは邦楽ロックで、透き通るピアノと力強い歌、そして他の凡百のバンドでは真似できない深く味のある歌詞が特徴です。

    01. 奇跡は静かに歌い上げた後、ピアノと共に疾走。突き抜けるようなサビが心地よく、そのメロディが終盤でピアノをバックに歌われ、とても透き通っていて綺麗です。
    02. クリスマスはスローなバラード。メロディが素晴らしいながらも歌詞が深く、相乗効果で心に突き刺さります。
    03. ポルノ映画の看板の下ででは淡々としたメロディが暗い歌詞を歌い上げ、バックのピアノがやはり美しい曲です。
    04. ポエジーはギターのアルペジオをバックにしたポエトリーリーディング。後半でバンド演奏と共に盛り上がり、単純な朗読とは違う、何か迫るものがあります。
    05. ワンルーム叙事詩はタイトルトラック。憂いを帯びた曲がゆっくりと進み、サビで一気に盛り上がります。曲としての広がりが素晴らしく、歌詞を深く味わいながら聞きたいです。
    06. コンビニ傘は薄暗いアルペジオと悲しげなピアノと共にポエトリーリーディングで始まり、淡々としたメロディに入ります。
    07. 真っ白な世界はピアノときらきらしたオーケストレーションのバラード。美しく壮大なメロディでアルバムは幕を閉じます。

    7曲と曲数が少ない上に2分行かない短い曲がありますが、
    メロディと歌詞、そしてバックのピアノが美しいんです。
    特に歌詞が邦楽ロックとして珍しく考えさせる内容で、そこらに溢れる文系ロックよりもよっぽどいい歌詞を書いています。
    Amazarashiは何枚か持っていますがどれも外れなしなので、一度聞いてみたらどうでしょうか。


    深い歌詞が魅力的な曲です。

    このCDをAmazonで買う
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Author:ふきのとう
    現役大学生。小学校の頃、親のCDによってヘヴィメタルに目覚める。それから幅広く音楽を聞くようになり、今は何でも聞く雑食。趣味はジャケ買い。コンセプトアルバム大好き。

    レビューした音源リストはここです。また、このサイトの音源レビューは、次のように行なっています。

    [評価基準]
    ジャケットのセンス
    アルバムの統一感
    楽曲の魅力

    [総合評価]
    ☆[駄盤]
    ☆☆[惜盤]
    ☆☆☆[良盤]
    ☆☆☆☆[名盤]
    ☆☆☆☆☆[神盤]

    また、このページはリンクフリーとなっています。同時に相互リンクも募集しているので、希望の方はコメントをお願いします。

    フリーエリア
    管理人はツイッターを使っています。よろしければ、フォローをお願いします。 また、ブログランキングに参加中です。 管理人のやる気が上がるので、クリックしてくださると助かります。 twittericon

    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    検索フォーム
    人気ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ
    リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。