スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Locanda Delle Fate / Forse Le Lucciole Non Si

    幽体離脱しそうなほど美しく幻想的なシンフォニック・プログレッシヴ・ロック
    Locanda Delle Fate - Forse Le Lucciole Non Si


    locanda

    Tracklist:
    01.A volte un istante di quiete
    02.Forse le lucciole non si amano piu
    03.Profumo di colla bianca
    04.Cercando un nuovo confine
    05.Sogno di Estunno
    06.Non chiudere a chiave le stelle
    07.Vendesi saggezza

    ジャケットのセンス ☆☆☆☆
    アルバムの統一感 ☆☆☆☆☆
    楽曲の魅力 ☆☆☆☆☆


    総合評価……☆☆☆☆☆[神盤]


    イタリアのプログレッシヴ・ロックバンド、ロカンダ・デッレ・ファーテの1stアルバム、邦題『妖精』です。

    突然ですが、私はイタリアのプログレバンドが大好きです。
    それは叙情的で美しく、かつ情熱的な音が聞けるからで、イタリアンプログレに外れは殆どありません。
    このアルバムもそんなバンドの一つであり、フルート、ピアノで幻想的な音を奏でる、ユーロロックの傑作といえる内容です。

    01.A volte un istante di quieteは美しいピアノ、フルートが光る6分程度のインスト。邦題『ひとときの静寂』。展開が美しく、優美なメロディが素敵です。
    02.Forse le lucciole non si amano piuは10分ほどある曲。『蛍が消える時』という邦題で、ピアノと穏やかなイタリア語ボーカルのきらきらとした曲で、途中イタリアンロックらしく情熱的になりつつ、美しさは失いません。
    03.Profumo di colla biancaは邦題が『白色の香』。のどかな広がりを感じさせる曲で、フルートと彩りのピアノで穏やかな光景が思い浮かびます。
    04.Cercando un nuovo confineはギターとフルートのバラードで、途中でピアノが加わって叙情的なメロディを描きます。邦題『新しい世界を求めて』。
    05.Sogno di Estunnoはプログレ的な楽曲。フルート、ピアノ、メロディアスなギターによって曲展開がドラマチックに変わっていきます。邦題は『憧れ』
    06.Non chiudere a chiave le stelleは邦題が『星に鍵をかけないで』(素敵な邦題です)。アコースティックによる穏やかなバラードです。
    07.Vendesi saggezzaは悲しげなピアノときらきらとしたギター、そして哀愁溢れる歌唱の楽曲です。曲が盛り上がるにつれ壮大さを増し、最後まで美しくアルバムは終わります。

    このバンドやニュートロルスのように、イタリアンロックはシンフォニックさとロックが美しく融合されたものが多いのですが、このアルバムはそんなイタリアンプログレの中で、名盤中の名盤です。
    最初から最後まで美しく、ピアノやフルートが叙情性を煽る、煽る、煽る!聞いている間、幽体離脱しそうなほど幻想的なアルバムです。
    美しいユーロロックが聞きたいならば迷わず買っておけといった感じです。

    余談ですが、日本盤は今中古の高いCDしか手に入らないために、邦題から歌詞を妄想するしかありません。
    ですので、私はリマスターされた日本盤が出ることを日々願っています。
    あと本当はムゼオ・ローゼンバッハやロヴェッショ・デッラ・メダーリャなんかも紹介したいんですが、
    それらも今は手に入らないんですよね……
    イタリアンロックの名盤達のリマスター込の再発を心から祈ります。


    邦題『蛍が消える時』。美しいピアノとプログレッシヴな展開。映像は全然関係ないです。

    このCDをAmazonで買う

    UNLIMITS / 夢幻シンドローム

    圧倒的泣きメロで疾走する女性ボーカル哀愁ロック
    UNLIMITS - 夢幻シンドローム


    unlimits

    Tracklist:
    01. フランジア
    02. 孤独へのシグナル
    03. サヨナラの跡
    04. 七色の記憶
    05. カナシミノセカイ
    06. 追憶の未来
    07. カーマイン
    08. AM2:00
    09. 月アカリサイレース
    10. 僕の在り処
    11. クローバー
    12. 七月の風
    13. 軌跡

    ジャケットのセンス ☆☆☆☆☆
    アルバムの統一感 ☆☆☆☆
    楽曲の魅力 ☆☆☆☆☆


    総合評価……☆☆☆☆[名盤]


    日本の哀愁泣きメロロックバンド、UNLIMITSの1stアルバムです。

    このバンドはHawaiian6やLast Allianceのように哀愁あるメロディと共に疾走する、とても聴きやすいメロコアです。
    何といっても語るべきはメロディでしょう。疾走感に溢れ、かつ日本人好みのメロディアスなロックです。
    女性ボーカルも清涼感があり、暗い哀愁のメロディを歌い上げます。

    01. フランジアは一曲目からキラーチューン。哀愁ある歌謡曲風のメロディと共に疾走します。
    02. 孤独へのシグナルも疾走曲。メロディアスで泣きを纏った名曲です。
    03. サヨナラの跡は哀愁たちこめるバラード。メロディはとても良いのですが、流れが断ち切れてるような気もしないでもないです。
    04. 七色の記憶は疾走曲。静と動の対比が美しく、相変わらずメロディが素晴らしいです。
    05. カナシミノセカイはスローテンポな曲。疾走曲と交互にスローテンポな曲が来ています。
    06. 追憶の未来は印象的なリフト共に疾走。万人受けしそうでありながら悲しみ・哀愁に包まれたメロディが素敵です。
    07. カーマインはミドルテンポなロックバラード。
    08. AM2:00は一分ほどの小曲。小曲には勿体無いほどのメロディと勢いで、次の曲に繋がります。
    09. 月アカリサイレースは超絶キラーチューン。スカ風の裏打ちのリズムで疾走、メロディがありえないほどいいです。私はこの曲のおかげでアルバムを買ったようなものです。名曲中の名曲です。
    10. 僕の在り処は疾走曲。寂しげなメロディで疾走します。
    11. クローバーはミドルテンポに疾走します。哀愁です。
    12. 七月の風は吹き抜ける風のように、爽やかで壮大なロックバラードです。
    13. 軌跡はバラードで、相変わらずメロディが素晴らしいです。

    疾走感に溢れ、メロディが良い、日本ならではの哀愁メロコアの理想型というべきアルバムです。
    曲順が少し?と思うところもなきにしもあらずですが、補って余りあるほどの曲の良さがそれをカバーしています。
    良質な日本語ロックが聞きたい人はこのアルバムを聞けば良いのではないでしょうか。


    このアルバムの曲のメドレーです。どんな感じか分かると思います。良質な哀愁メロコアです。

    このCDをAmazonで買う

    Death / Individual Thought Patterns

    激しく重く、ドラマチックでメロディアスなデスラッシュの傑作
    Death - Individual Thought Patterns


    DEATH

    Tracklist:
    01. Overactive Imagination
    02. In Human Form
    03. Jealousy
    04. Trapped In A Corner
    05. Nothing Is Everything
    06. Mentally Blind
    07. Individual Thought Patterns
    08. Destiny
    09. Out Of Touch
    10. The Philosopher

    ジャケットのセンス ☆☆☆
    アルバムの統一感 ☆☆☆☆
    楽曲の魅力 ☆☆☆☆☆


    総合評価……☆☆☆☆[名盤]


    アメリカ・フロリダ州のデスメタルバンド、デスの5thアルバム、『インディヴィジュアル・ソット・パターンズ』です。
    12/7日にリマスターで再発されるのでレビューすることにしました。

    このバンドはドラマチックな展開とスラッシュ的なリフの良さ、そして演奏陣のテクニカルな上手さが特徴です。
    メロデスではないのですがバックの演奏がカッコよく、デスメタルの中でもかなり聞きやすい方だと思います。
    そしてこのアルバムはこのバンドの中で一番の名作だと思います。

    01. Overactive Imaginationは一曲目から疾走。相変わらずジーン・ホグランのドラムは凄い。激しい曲なのにリフはメロディアスで、展開がとても凝っている名曲です。
    02. In Human Formはミドルテンポでヘヴィなリフに始まり、メロディアスなギターと共に疾走。中盤のドラムとギターソロの絡みが特に好きです。
    03. Jealousyは、ギターソロがハイパーウルトラ超絶格好良いんです!そこらのメロデスなんかよりもよっぽどメロディアスです。
    04. Trapped In A Cornerは怪しげなイントロ。ソロは相変わらず格好良いし、展開も美しい。
    05. Nothing Is Everythingは変拍子で訳が分からない展開の曲。途中から凄い勢いで疾走し、ツインギターでメロディを奏でます。
    06. Mentally Blindはこのアルバムの中で最も展開が優れている曲だと思います。曲中の速さが絶妙な所で変わり、疾走、失速などが流麗なギターと共にドラマチックに変わっていきます。
    07. Individual Thought Patternsは緊張感あるリフと変拍子、メロディアスなソロが聞き所のタイトル曲です。
    08. Destinyは珍しく、イントロでアコースティック・ギターが使われています。重く、どこか悲しげなデスラッシュです。
    09. Out Of Touchは疾走感あるヘヴィでダークな曲。
    10. The Philosopherはシニカルな歌詞が目立つヘヴィな楽曲。やはりリフとギターソロがメロディアスです。

    デスメタルの中でも、ブルータル・デスメタルのように激しすぎず、初心者でもメロデスやスラッシュメタルの延長線上で聞けるアルバムだと思います。
    とにかく展開と演奏がとても凄く、デスラッシュの中でかなりの出来を誇る作品です。
    リマスターでどれだけ音が変わるか楽しみです。


    ドラマチックでメロディアスな変拍子デスラッシュです。

    このCDをAmazonで買う

    Pink Floyd / Atom Heart Mother

    世紀のプログレッシヴ・ロックバンド、ピンク・フロイドが残した奇跡のロック・シンフォニー
    Pink Floyd - Atom Heart Mother


    AtomHeartMother.jpg

    Tracklist:
    01. Atom Heart Mother: Father's Shout/Breast Milky/Mother Fore/Funky Dung/Mind Your Throats Please/Remergence
    02. If
    03. Summer '68
    04. Fat Old Sun
    05. Alan's Psychedelic Breakfast: Rise And Shine/Sunny Side Up/Morning Glory

    ジャケットのセンス ☆☆☆☆☆
    アルバムの統一感 ☆☆☆☆☆
    楽曲の魅力 ☆☆☆☆☆


    総合評価……☆☆☆☆☆[神盤]


    イギリスの世界的プログレッシヴ・ロックバンド、ピンク・フロイドの5thアルバム、邦題『原子心母』です。
    このジャケットは世界中でもかなり有名なのではないでしょうか。
    草原に一頭の牛がいるシンプルなジャケットで、のどかで壮大な音を想像させる、とても良いジャケットだと思います。

    このアルバムは何よりも、タイトルトラックの原子心母に尽きるでしょう。
    ロックとオーケストラの融合というと、ロックのバックにストリングスを味付け程度に入れたものを想像するのでしょうが、
    01. Atom Heart Motherは現代音楽といってもいいほど、今までのロック観を払拭する、全く新しいロックシンフォニーです。原子心母は5つの章からなる組曲で、最初のオーケストラが印象に残る良いメロディです。途中パーカッションなどが入りつつ緊張感を上げ始めのメロディが再び流れてくる、構成も優れた長さを感じない名曲です。ギタリストのロジャー・ウォーターズは大した出来ではないと言っていましたが、あり得ないほど名曲です。
    そして、このアルバムはこれだけではありません。ピンク・フロイドの次のアルバムのおせっかいはエコーズと吹けよ風、呼べよ嵐以外の曲はぱっとしない曲でしたが、このアルバムは全ての曲が良い曲です。
    02. If、03. Summer '68、04. Fat Old Sunは牧歌的で出来が良いフォークソングです。そして、
    05. Alan's Psychedelic Breakfastは朝食の風景が浮かぶピアノのほのぼのとした曲。バックで調理する音が流れています。

    このアルバムはジャケットのようにのどかで壮大な、かつ牧歌的な要素も含んだアルバムです。
    邦題である『原子心母』も、直訳であるのに関わらずアルバムの雰囲気によくあった名訳です。
    ピンク・フロイドのアルバムでトップ3をつけるとしたら『狂気』、『炎』、そしてこの『原子心母』です。
    ロックの概念を変える一大ロックシンフォニー、是非聞いてみてください。


    20分以上ある、ロック・シンフォニーの傑作です。

    このCDをAmazonで買う

    Cradle Of Filth / Cruelty And The Beast

    実在の殺人鬼・エリザベート・バートリーを題材にしたブラックメタル界最高のコンセプトアルバム
    Cradle Of Filth - Cruelty And The Beast


    kowaiyo

    Tracklist:
    01.残虐非道な物語
    02.エリザベス,不吉な13の秋
    03.鬼女の蘭
    04.吠える星の下に
    05.恐怖の女神
    06.暴虐の序曲
    07.信仰の歪んだ釘
    08.バソリー夫人のアリア:凶運の闇~殺しのフーガ~狂気を見つめる瞳
    09.死せる伯爵夫人の肖像
    10.情欲と争いの誘惑
    11.審判の日(日本盤のみボーナストラック)
    ※全て邦題。

    ジャケットのセンス ☆☆☆☆☆
    アルバムの統一感 ☆☆☆☆☆
    楽曲の魅力 ☆☆☆☆☆


    総合評価……☆☆☆☆☆[神盤]


    イギリス産の吸血鬼ブラックメタルバンド、クレイドル・オブ・フィルスの3rdアルバムです。
    邦題は『鬼女と野獣』というタイトルで、私が初めて触れたブラックメタルのアルバムでもあります。
    ボーカルのダニ・フィルスの気違いっぷりにはびっくりしましたが、シンフォニックなブラックメタルなために、またメロデスなどにも以前から触れていたため、とても聞きやすかったです。

    このアルバムはエリザベート・バートリー夫人が題材となっており、
    美しくあり続けるために人を殺し続けた、実際にいた人物をモデルとしています。
    血の風呂の中にいながらこちらを見つめる女性、そしてホラーっぽいバンドのロゴ。まるでジャケットからこのアルバムの邪悪な雰囲気が伝わってくるようです。
    楽曲は殺戮を続ける主人公の残虐さだけでなく美への執着などが伝わってくるため、最後に破滅が訪れた時の楽曲では何だか悲しい気持ちになります。

    各トラックは気分を出すために邦題にしました。読みにくかったらすいません。
    01.残虐非道な物語はインスト。二曲目への流れが度肝を抜かれます。
    02.エリザベス,不吉な13の秋は出だしからダニの叫び声(唸り声?)から始まり、メロディアスなリフと今まで聞いたことないような喚くようなボーカル。曲展開がドラマチックで引きこまれます。
    03.鬼女の蘭はドラマチックな曲展開と共に疾走する曲。途中でオペラチックになるところもあり(声はひどいままですが)、ピアノのバックも美しいです。
    04.吠える星の下にも疾走曲。途中スローになったあと疾走するところが最高に格好いいです。また、SEで鐘の音なども入ります。
    05.恐怖の女神はインスト。荘厳なインストに喘ぎ声と断末魔の叫びが混じり、淫靡な残酷さを感じます。
    06.暴虐の序曲はスラッシュメタルばりの疾走曲。ダニの金切り声で駆け抜け、シンフォニックなシンセ、ギターのツインリードが格好いいです。
    07.信仰の歪んだ釘は最初のシンフォニックなシンセと鏡よ鏡……という語りが不安を煽りつつ、疾走に突入。後半バックがメタリックな曲調からシンフォニックなものに変わっていき、フェードアウト。
    08.バソリー夫人のアリア:凶運の闇~殺しのフーガ~狂気を見つめる瞳は組曲形式の曲で、10分近くある大曲です。シンフォニックさ、暴虐さ、美しさ、哀しさなど、このアルバムの全てが詰まったドラマチックな楽曲です。
    09.死せる伯爵夫人の肖像はバソリー夫人の破滅を感じさせるインスト。
    10.情欲と争いの誘惑は静かなイントロから疾走。間奏に悲しげなシンセ、ピアノの音が入り、再び疾走してアルバムは終わります。

    クレイドル・オブ・フィルスのコンセプトアルバムはどれも素晴らしいのですが、このアルバムはその中でもかなりの傑作です。
    初めてブラックメタルに触れる方にとっては厳しいかもしれませんが、こういう音に慣れた人にとってはその完成度の高さが分かるでしょう。
    また、ブラックメタル初心者でも、バックのシンセ、リフ、ピアノなどがメロディアスなため、意外と聞けるかもしれません(私は全然大丈夫でした)。
    唯一の問題がドラムの音が薄っぺらいことなんですが、
    それを差し引いてもブラックメタル界の名盤中の名盤であることには変りないです。


    ボーカルが気が触れたように喚く後ろでメロディアスな演奏、全くもって凄いバンドです。

    このCDをAmazonで買う
    プロフィール

    Author:ふきのとう
    現役大学生。小学校の頃、親のCDによってヘヴィメタルに目覚める。それから幅広く音楽を聞くようになり、今は何でも聞く雑食。趣味はジャケ買い。コンセプトアルバム大好き。

    レビューした音源リストはここです。また、このサイトの音源レビューは、次のように行なっています。

    [評価基準]
    ジャケットのセンス
    アルバムの統一感
    楽曲の魅力

    [総合評価]
    ☆[駄盤]
    ☆☆[惜盤]
    ☆☆☆[良盤]
    ☆☆☆☆[名盤]
    ☆☆☆☆☆[神盤]

    また、このページはリンクフリーとなっています。同時に相互リンクも募集しているので、希望の方はコメントをお願いします。

    フリーエリア
    管理人はツイッターを使っています。よろしければ、フォローをお願いします。 また、ブログランキングに参加中です。 管理人のやる気が上がるので、クリックしてくださると助かります。 twittericon

    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    リンク
    検索フォーム
    人気ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ
    リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。